大田区で葬儀をしました

親戚集まってお通夜

自宅での準備はとても手際がよく、数人のスタッフの方がテキパキと進めてくださり、私たち家族はそこまで何もすることがありませんので、次の日からのお通夜とお葬式に向けて話し合いをしていました。
お通夜当日の朝に祖父は棺に入れられて運ばれていきましたが、まだ現実を受け止められなかった私はその姿を見てもあまり実感がわきませんでした。
その後、支度をしてから会場に向かい、大広間には親しい親戚に加えて、普段あまり会ったことがない親戚も集まってきてくれました。
その様子を見ると、祖父はたくさんの方に愛されていたのでしょう。
お通夜の時間の1時間前になると、お通夜をする会場に向かいました。
たくさんのお花で飾られた祭壇には祖父が笑顔で笑っている遺影が飾ってあって、いつも笑顔の祖父の顔が鮮明に思い浮かびました。
私は、妹と受付に立っていたのですが、たくさんの方が香典を持ってきてくださいました。
一人スタッフの女性の方が付いてくださって丁寧にアドバイスをしてくださったので、とてもわかりやすかったです。
一時は受付の人数が3人では足りないぐらいになってしまうぐらいたくさんの方々がいらっしゃいました。
お通夜はスムーズに行なわれていきました。
父親が喪主として挨拶をしたときに、思い出話に浸りながら涙が込み上げてきてしまいました。
短い時間でしたが、心身共に疲れが出ましたがホッとしたのを覚えています。
次の日は午前中に行なわれるので、早く寝たいと思っていましたがなかなか眠ることができませんでした。
それは家族みんなが同じ気持ちだったようです。

祖父を亡くし初めて葬儀親戚集まってお通夜家族に寄り添ってくれた葬儀屋さん